推しの子は気持ち悪い?「アクアが…」つまらなくなった?感想レビュー!

スポンサードリンク

アニメ『推しの子』についてです。

本作は、タイトル通り『推しの子』に転生するという設定の作品です。
アニメ第2期の制作も発表されている人気作です。

あまりの人気ぶりに、筆者も遅ればせながら視聴してみることにしました!

本作について「推しの子 気持ち悪い」のワードで検索をかけている視聴者が多いようです。

ということで、実際にアニメを視聴した筆者が、

について、正直な感想・レビューを記事にしていきたいと思います。
もしご興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

ネタバレを含みますので、ご注意くださいませ。

スポンサードリンク

『推しの子』「気持ち悪い」のは何故?

気持ち悪い理由1:設定

女性として

何故なら、姿は違えど精神はそのままだからです。
“赤ちゃん”というより、“赤ちゃんの皮を被った誰か”ということになります。

アイドルとして

アイドルとしても可哀相です。

何故なら、表用のキャラがあるアイドルたちにとって、私生活はファンに覗かれたくないものだからです。

ファンを産み、ファンに叩かれ、ファンに刃物で刺され、この世を去っています。

客観的な視点だと「ファンに翻弄される可哀相なアイドル」に見えてしまいます。

スポンサードリンク

気持ち悪い理由2:アクア

アクアが気持ち悪いと思った具体的なシーンを幾つかあげますと、以下になります。

  1. 社長夫人を脅すシーン
  2. オタ芸を披露するシーン
  3. ルビーの夢を妨害するシーン

※ネタバレ注意※

1.社長夫人を脅すシーン

出典元:TVアニメ【推しの子】公式チャンネル

「私はベビーシッターじゃない!アイのスクープを売ってやる!」となった社長夫人。
対し、双子たちは「星野アイとその子を守護することが天命。それに背けば死が訪れる」と脅す。

さらに「そうすればイケメン俳優との再婚も夢ではない」と弱みにつけこみ、言葉巧みに洗脳する。

「赤ちゃん=天使」のイメージが強いだけに、気持ち悪い絵です。

アイサイドから見れば素晴らしい赤ちゃんですが、社長夫人サイドから観たら「脅迫・洗脳」です。

こんな赤ちゃんは嫌だ…!

スポンサードリンク

2.オタ芸を披露するシーン

社長夫人にお願いして、「大人しくしていること」を条件に、アイのコンサートへ連れていってもらう。

しかし、双子の赤ちゃんの感情は高まり、ペンライトを両手に見事なオタ芸を披露。
SNSでバズって注目を浴びる。

赤ちゃんのオタ芸にときめくことはできませんでした。

何故なら、中身は成人だからです。
アイの隠し子だという目立ってはいけない場面でオタ芸披露する「自制心の弱さ」が気になりました。

このシーンをカワイイと感じる視聴者ももちろんいると思いますが、筆者からすると気持ち悪いシーンとなっていました。


一方で、これらの場面でまともな対応だったら「アクア=一般人」となってしまうので、「アクア=アイの熱狂的ファン」という設定に忠実といえますね。

いずれのシーンでも、結果的にはアイを助けています。

ルビーに関しては、前世も子ども(12歳)です。善悪の区別がつかない年頃での転生となりました。

さらに病気だったため、今世ではしゃいでしまうのも、仕方ないかなと思えました。

スポンサードリンク

3.ルビーの夢を妨害するシーン

出典元:TVアニメ【推しの子】公式チャンネル

ルビーがアイドルオーディションに挑むシーンです。

ルビーは夢に向かって一生懸命努力をしている。

アクアは妹(ルビー)の夢を妨害しようとする。

本来、兄というものは妹を応援したり支えてあげる存在ですが、人間味が感じられません。前世の医者の面影も見えず、「得体のしれない気持ち悪さ」が漂います。

何故なら、アクアは、ルビーのスマホをこっそり借りてショートメールにて「辞退メール」を送り、さらに着信拒否設定ます。
その後、声を変えて運営者になりすまし、ルビーに「今回は残念でした」の連絡をしています。

もう少し大人の配慮があっても良さそうです。

やはり犯罪の臭いがします。
兄妹だからって、何もかも許される訳ではありません。

スポンサードリンク

気持ち悪い理由3:とにかくどろどろしている!

本作には、「この芸能界において嘘は武器だ」というキャッチコピーの元、嘘がいっぱい盛り込まれています。

例を挙げると、

  • 妊娠を隠すアイドル
  • 手のひらを反すファン、狂暴なファン
  • 天狗になる天才子役
  • 生前、アクアに恋しているルビー(近親愛)
  • 恋愛リアリティーショーの演出

などです。

どれも凄くリアルです。

※ネタバレ注意※

恋愛リアリティーショーのパロディ

出典元:TVアニメ【推しの子】公式チャンネル

特に恋愛リアリティーショー『今日からガチ恋始めます』は、ABEMA恋愛リアリティーショーの『今日、好きになりました』のパロディだと分かります。

恋愛をしに来たわけでなく売名のために頑張っていたり、爪痕残そうと躍起になったり。
高校生が叩かれるのも厭わずに、再生回数を優先する制作陣など。それによって病んでしまう子がいます。

アクアとルビーの恋愛

原作の漫画では、アクアの正体を知ったルビーは、「16歳になったら、結婚してくれる、て言ったよね?」とアクアに告白するようです。

この2人に血縁関係がないならキュンキュンするところなのですが……
ルビーが「先生」と呼んでしまうところ含め(アクアとの時間が長いにも関わらず)、「生理的に気持ち悪い」と思ってしまいます。

個人的には、最も気持ち悪いのは1~2話でした。

スポンサードリンク

推しの子はなぜ人気?

出典元:TVアニメ【推しの子】公式チャンネル

※ネタバレ注意※

色々と前述しましたが、出だしのスピード感や、これまで避けてきたような芸能界のリアルをアニメで堂々と描写していく様子は「斬新で面白い!」と感じました。

「恋愛リアリティーショー」や「YouTuberの活動」などの描写は、現実とリンクして身近に感じられるため、親しみやすいです。

特にぶっとんだ性格をしている「アイ」は可愛いです。

明るい笑顔の背景に、苦労があり健気に活動しているのもまた魅力的です。

男女問わず人気な本作ですが、原作は少年漫画だそうです。
なろう小説が原作かと思っていたので、これは意外でした。近年はなろう出身の転生モノアニメが多いためです。絵柄が少女漫画のように可愛らしいですね。

本作は男性読者層に向けられた作品だということが分かります。
「設定が気持ち悪い」と感じるのは女性が多いと思うので、少年雑誌でヒットしたのはなんら不思議でないと思います。

あくまでファンタジー・エンターテインメントなので、リアルに考える必要はありません。

3話以降は、少女漫画を読んでいる感覚です。

長所と短所は紙一重。

「『気持ち悪い』部分で、差別化できているアニメ作品」なのだと思います。

スポンサードリンク

つまらなくなった?

筆者が「つまらなくなった!」と感じたのは「アイ」が死んでからです。

お気に入りのキャラが亡くなってしまったからです。

アイは一話で亡くなってますが、筆者のなかで主役はアイのイメージです。

本作は面白いですが、個人的には、星野アイが生きている世界戦の方がハマっていた可能性がありそうだと思いました。

「星野アイ」が生きていても「推しの子」としての設定は成り立ちますし、
星野アイに正体をバレないかどうかのハラハラする見せ場もありそうです。

アクアは医者の知識がありますが、アイが刺されたときにその属性を生かして助けたらカッコ良かったのになぁ、と思います。

人気ランキングを集計しているサイトにて確認してみたところ、半数ほどは「1位:星野アイ」となっていました。

1話で亡くなっているのにも関わらず、その人気ぶりがすごいですね。
人気キャラの出番が少ないのは、勿体ないような気がします。

スポンサードリンク

『推しの子』に対する世間の声(ネット上の声)

最後に、世間の声も気になったので覗いてみます。

本記事は「気持ち悪い」「つまらなくなった」に関する記事のため、参考になりそうな方の声を拾っていきます!

「気持ち悪い」に関する声

「つまらなくなった」に関する声

スポンサードリンク

推しの子は気持ち悪いの?についてまとめ

今回はアニメ『推しの子』についてまとめてみました。

世間の声として、アクアが気持ち悪いと感じている視聴者が多いようです。
「ファンが推しの子に転生する設定」「アクアの性格」などの部分が大きいようですね!

筆者はアニメを一気見するのが好きですが、最後まで観られない作品も多いです。
すごくハマるという訳ではありませんでしたが、最後まで観られたので、総合して楽しかったのだと思います。

“ハマる人にはハマる”。

そんな作品だと思います。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク