考察『六人の嘘つきな大学生』最後の二重丸の意味は?波多野が好き?ネタバレ注意

スポンサードリンク

ミステリー小説『六人の嘘つきな大学生』についてです。

著者は『フラッガーの方程式』『家族解散まで千キロメートル』などで知られる浅倉秋成(あさくらあきなり)さんです。

各種ミステリ・ランキングにランクイン・『ブランチBOOK大賞2021受賞』を受賞しました。

映画化も決定し、世間からの注目が集まっています。

ということで、本記事では、

についてまとめていきたいと思います。
ご興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

本記事にはネタバレが含まれます。

スポンサードリンク

【六人の嘘つきな大学生】主な登場人物・大学

波多野祥吾(はたのしょうご)
立教大学で経済学を学んでいる。
一見好青年。

嶌衣織(しまいおり)
早稲大学で社会学を学んでいる。
清純派女優系の美女。「洞察力があり、自己分析に自信がある」としている。

九賀蒼太(くがそうた)
慶応大学の総合経済学部。
容姿端麗。リーダー気質。「フェア」が好き。

袴田亮(はかまだりょう)
明治大学。
高校時代に野球のキャプテンを務めていた。ムードメーカー的存在。

矢代つばさ(やしろつばさ)
お茶の水大学で国際文学を学んでいる。
モデルさながらの美女。その美しさから虐めにあっていた。

森久保公彦(もりくぼきみひこ)
一橋大学。
秀才。母子家庭。

泣きボクロの就活生
「洞察力があり、自己分析に自信がある」としている少女。

相楽ハルキ
歌手。薬物問題で炎上した過去がある。

スポンサードリンク

【六人の嘘つきな大学生】あらすじ・ストーリー

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

KADOKAWAオフィシャルサイト

【六人の嘘つきな大学生】最後に二重丸をつけたのはなぜ?考察

これまでの嶌だったら、欠点を見つけたら「駄目な人」という判断していました。“月の裏側一部分が見えたとたん、全てのイメージを塗り替えてしまう”のです。

例えば、嶌が担当する就活生の採点用シートには「1」ばかりが並んでいましたね。
泣きボクロの女子学生の場合にも、「4」「5」が並んだのにも拘わらず「×」になりました。
しかしその後「◎」になりました。

これは、月の裏側の裏側(=表側)を見れるようになったということだと思います。
泣きボクロの就活生は浅はかですが、純粋でした。

波多野からのメッセージにより、人には必ず良い部分も悪い部分もあるということを認められるようになったお陰なのだと思います。

「嶌が二重丸をつけたのは、一部分で人を判断せず、再び人を信じられるようになったから」と考察できます。

スポンサードリンク

【六人の嘘つきな大学生】嶌は波多野のことを好きだったの?考察

この点に関しては、波多野の妹と嶌の会話から明らかにされています。

「あんなのほとんど好きな人投票みたいなものじゃないですか。好きだから票を入れちゃうんですよ。『あなたは優秀だと思う』と『あなたが好きです』の境目って結構曖昧ですよ」

小説『六人の嘘つきな大学生』│浅倉秋成

さらに、この波多野の妹のセリフに対し、嶌は「本当に鋭い考察だ」と内心で思っています。

嶌が好きな波田野は、嶌に投票をし続けていました。
嶌は久我に投票し続けてました。

“仕事はコミュニケーション力が全て”とはよくいいますが、チームディスカッションは事実上「人気投票」だったのです。


因みに、久我は「波多野にも非道があった」と言っていますが、このなかで最も「選ばれる1人に相応しい」と感じられたのは波多野だったのでしょうね。

何故なら、一回目の投票で、久我は波多野に投票しているからです。(※当時、嶌の兄は炎上中)

以上のことから、「嶌は久我が好きだった」と考察できます。

なら、なぜ好きだと言ったの?

「人として好き」という意味だと思います。

波多野は、散歩サークル内では「腹黒大魔王」というあだ名で通っていました。
散歩サークルのサイトで、そのあだ名を知った嶌は「らしくないあだ名」と考えます。

しかし、貸しロッカーの底には、波田野の「月の裏側」が隠れていましたね。
それを見つけた嶌は、波多野のことを「腹黒大魔王」と認めます。

そのうえで「好きだった」と述べます。

少なくとも嶌にとって、完璧な好青年より、腹黒さを秘めた波多野のほうが魅力的だったのでしょう。

スポンサードリンク

【六人の嘘つきな大学生】ネタバレ感想レビュー

誰もが経験したことのある厄介な「就活」「面接」。この場面をこれだけ深く切り取った本作は、まさに名作といえます。

テンポよく読めるのと、伏線回収が見事な作品です。
読者を欺くテクニック満載です。
心理描写が見事で、説得力があります。

著者の人柄の良さや賢さがにじみ出ている作品だと思いました。
きっと最終面接まで行くような方なのだろうと思います。


確かに、面接って人を乱れさせますよね(笑)。

“ひとつの仕草全てが評価につながると思い込む”“高慢”というような表現は、的を得すぎていて笑ってしまいました。

圧迫面接の“月の裏側”は「虐め」ですね。

自分らが受けた面接官を無意識に再現しているのだろうなと思います。
筆者としても、過去の面接官たちの雰囲気を演じてしまいそうです。

就活生たちの裏エピソードの数々に“世の中、そんな人ばかりなのかな…そうかも…”と納得しながら読んでいましたが、
後半の巻き返しで涙が止まりませんでした(笑)。

ぜひ久我くんにも聞かせてあげてほしいですね。

読了後、心が洗われるような作品です。

スポンサードリンク

【六人の嘘つきな大学生】最後の二重丸の意味は?なぜ波多野が好き?など考察感想まとめ

今回はミステリー小説『六人の嘘つきな大学生(浅倉秋成著)』について考察してみました。

  • 最後に二重丸をつけたのはなぜ?…人を信じられるようになったから(“月の裏側の裏側=表面”を見れるようになったから)。
  • 波多野のことが好きだったの?…嶌が好きだったのは久我。

という結果となりました。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク