最高の教師「同窓会」あらすじは?前編のネタバレ感想!

スポンサードリンク

今回は、人気ドラマ『最高の教師』の「同窓会」についてです。

HULUオリジナルストーリー「拝啓、大人になる貴方へ」が配信が開始しましたね。
3年D組の生徒たちによる、2年後の同窓会のお話です。

本作は、本編の続編です。

  • 最高の教師「同窓会」のおおまかなあらすじ
  • ネタバレ感想

気になるところですよね。

ということで早速、
最高の教師の視聴者である著者がまとめていきたいと思います。

もしご興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

本記事にはネタバレが含まれます。

スポンサードリンク

最高の教師「同窓会」前編のあらすじは?

卒業しから約2年。鵜久森の命日。
同窓会のために母校に集まった生徒たちが集まるところからストーリーは始まる。

先生は不在。また星崎は「1時間ほど遅れる」とのこと。

先生は生徒一人ひとりに手紙を用意していた。手紙のラストには「あなたはどんな大人になりたいですか?」と同じ言葉で締めくくられていた。

東風谷と渡会の提案で、手紙への返答を動画に収めることになる。

※続きはHULUにてご覧くださいませ。

スポンサードリンク

最高の教師「同窓会」前編の感想

まずは面白かったです。
「最高の教師ロス」だったので満足感がありました。

先生と鵜久森さんの登場がないのは残念でした。

新しい生活が始まっているなかで、涙を流すほどに熱さが残っている生徒が多いことには多少の違和感を覚えました(東風谷さんを除く)。

そういう意味では、熱さのなかに「照れたり」「笑ってごまかしたり」する演技を入れている役者さんが、自然で上手に見えました。

ここで生徒たちがシラケたらせっかくの名作が台無しですから、ドラマ的には正解だと思いました。
筆者含め、世間の視聴者たちも求めていた展開だと思います。

次回は、待望の星崎くんが登場するので楽しみです。

スポンサードリンク

さいごに

今回は最高の教師「拝啓、大人になる貴方へ(同窓会)」についてまとめてみました。

「先生から生徒たちへの手紙の内容や、当時の生徒たちの気持ちや、生徒たちの心境(演技)など」が盛り込まれていました。

同窓会って良いですね。
『最高の教師』のファンにはぜひお薦めしたい作品です。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク