「アリスとテレスのまぼろし工場」が気持ち悪い!女視点でネタバレ感想レビュー!

スポンサードリンク

映画『アリスとテレスのまぼろし工場』についてです。

本作はファンがいる一方で、

「気持ち悪い」という声が多いようです。
筆者は、同監督・岡田麿里さんの映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』が好きなので、遅ればせながら視聴してみることにしました。

結果、気持ち悪くてリタイアしてしまいました。

ということで、本記事ではなぜ「気持ち悪い」と思ったのか女視点で言語化していきたいと思います。

本記事は「気持ち悪いシーンが気になる…」「気持ち悪いという感想が気になる…」という方にピッタリです。

スポンサードリンク

【アリスとテレスのまぼろし工場】ストーリー

菊入正宗14歳。彼は仲間達と、その日もいつものように過ごしていた。すると窓から見える製鉄所が突然爆発し、空にひび割れができ、しばらくすると何事もなかったように元に戻った。しかし、元通りではなかった。この町から外に出る道は全て塞がれ、さらに時までも止まり、永遠の冬に閉じ込められてしまったのだった。

町の住人たちは、「このまま何も変えなければいつか元に戻れる」と信じ、今の自分を忘れないように〈自分確認票〉の提出を義務とする。そこには、住所、氏名、年齢だけでなく、髪型、趣味、好きな人、嫌いな人までもが明記されていた。

正宗は、将来の夢も捨て、恋する気持ちにも蓋をし、退屈な日常を過ごすようになる。ある日、自分確認票の〝嫌いな人〟の欄に書き込んでいる同級生の佐上睦実から、「退屈、根こそぎ吹っ飛んでっちゃうようなの、見せてあげようか?」と持ち掛けられる。

正宗が連れて行かれたのは、製鉄所の内部にある立ち入り禁止の第五高炉。そこにいたのは、言葉も話せず、感情剥き出しの野生の狼のような謎の少女。この少女は、時の止まったこの世界でただ一人だけ成長し、特別な存在として、長い間閉じ込められていた。

引用元:映画『アリスとテレスのまぼろし工場』公式サイト

【アリスとテレスのまぼろし工場】主な登場人物/キャスト

出典元:映画『アリスとテレスのまぼろし工場』公式サイト

菊入正宗/榎木淳弥:本作の主人公。イラストレーターを夢見る少年。
佐上睦実/上田麗奈:本作のヒロイン。正宗のクラスメイト。
五実/久野美咲:時が止まった世界で、唯一成長する少女。

スポンサードリンク

【アリスとテレスのまぼろし工場】なぜ気持ち悪いのか感想レビュー

まずは、筆者が実際に気持ち悪いと感じたシーンをあげていきたいと思います。

気持ち悪いシーンの例

気持ち悪いシーン1:体育の授業で「なぜ?」

ブルマ…

まず、序盤の体育のシーンでブルマの少女たちが出てくるのが気持ち悪いです。

1990年代ということをアピールしたかったのかもしれないけれど。
一定数「ブルマ」に対し性的興奮を覚える人がいるのは明らかなので、アダルトカテゴリのイメージがはこびりつつあるのですよね…。

男子生徒たちの会話が膝裏にシフトされているのも、気持ち悪いと感じました。
男性視聴者に媚びつつ、「ブルマは関係ないですよ」と女性視聴者に媚びているみたいです。

ブルマ姿の女子生徒たちを、男子生徒たちが性的な視線で見ているのが気持ち悪いです。

スポンサードリンク
少年たちの会話…
出典元:映画『アリスとテレスのまぼろし工場』公式サイト

「後ろから見たら女みたい!」と言って主人公の胸を男友達が揉むシーンも気持ち悪いです。犯罪臭がします。(無差別的な意味で)

男性生徒たちの「膝裏が好きなんてマニアック」「お褒めの言葉ありがとう」「じじいの発言すんなよ」という会話も違和感です。

“じじいの発言だ”というセリフ。
これは“祖父”の意味ではなく“年配者”の意味です。

“膝裏がマニアック”だということは大人になった今ではその通りだと思うのですが…。

学生という横社会で、膝裏が好きと友達の一人がそう言うなら、多少驚くにしろ「へぇ、そういうものなんだね」と普通に受け入れそうなものです。

体育授業中の少年たちの会話というより、フェンス越しに授業覗いているおじさんたちの会話みたいだ、というのが率直な感想です。

思春期特有の甘酸っぱさがなくて、ネットリしています。

ただ、あらすじを確認する限り「精神年齢だけ上がっていく」という設定のようなので、それを加味しているのかもしれません。

ただ、そうだとしても気持ち悪いのですが…(汗)。

少年たちの会話がおじさんみたいで、気持ち悪いです。

スポンサードリンク

気持ち悪いシーン2:少女たちの「なぜ?」

出典元:映画『アリスとテレスのまぼろし工場』公式サイト

追い打ちをかけるように、
ヒロイン・睦実がスカートを捲し上げて自らパンツを見せるシーンがあります。

この時点でまるで成人漫画を読んでいるかのような気分に。
思春期にそんなことする女子、いるでしょうか。ファンタジーです。

さらに犬みたいな(?)少女・五実が登場し、主人公・正宗に馬乗りになったところでリタイアしました。

男性視聴者に対する「美少女からこんなことされたらドキドキしちゃうでしょ?」という狙いを暗に感じる一方で、

主人公・正宗に嫌がるリアクションをとらせるのが「本作は成人向けではないですよ」と女性視聴者に言い訳しているみたいで、気持ち悪さのダブルパンチです。

少女たちの破廉恥な描写が気持ち悪いです。

スポンサードリンク

なぜ気持ち悪い?「人柄がファンタジー!」

人柄がファンタジーだからだと思います。

作中に実際にいそうな人々の描写を観て「いるいる、そういう人」というのは一種の醍醐味だと思います。

逆に「実際にいないだろう」「ご都合主義」という人間を描写してしまうと、例え日常の話だとしても、リアリティーがなくてモヤッとするのだと思います。

“制作サイドの趣向や都合”を見せられた気がして、「なんか気持ち悪い…」とげんなりしてしまうのです。

この気持ち悪さは、例えば「チョロインのハーレム作品」「BL作品」を気持ち悪いというのに通じるように思います。
女と男は本質的に相手を知ることはできませんから、「あり得なさ」に気づくことはないのです。


一方で、ブルマシーンやパンチラシーンは少年漫画、青年漫画でもお約束のように思います。
実際に本作にはファンがいて、良い部分も沢山あるのは明らかです。

視聴者側が映画を選ぶのと同様に、
制作側も視聴者を選んだ作品だといえるでしょう。

気になるブログ

本作ではアニメ映画『秒速5センチメートル』が気持ち悪い(「童貞の妄想みたいで気持ち悪い」、「ストーカーみたいで気持ち悪い…

スポンサードリンク

【アリスとテレスのまぼろし工場】視聴者の気持ち悪いという声(ネット上の反応)

最後まで鑑賞した方々の「気持ち悪い」という感想には、奥深さがありますね。

味わい深い作品のようです。

気になるブログ

本記事はジブリ映画『コクリコ坂から』が気持ち悪いという声・メルと俊の関係について分りやすくまとめてご紹介しています。…

スポンサードリンク

【アリスとテレスのまぼろし工場】気持ち悪いについて感想考察まとめ

今回は映画『アリスとテレスのまぼろし工場』の気持ち悪さを女視点でまとめてみました。

  • 気持ち悪いと感じたシーン…体育の授業のシーン、少女たちの破廉恥なシーン
  • 気持ち悪いと感じた理由…序盤が成人向け漫画のような内容だから、人柄がリアルじゃないから

という結果となりました。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク