『耳をすませば実写版』最悪ひどい&良かった点をジブリファン視点でレビュー!

スポンサードリンク

本ページはプロモーションが含まれます。

映画『耳を澄ませば実写版(2022)』についてです。

ジブリアニメ映画『耳をすませば』の10年後の続編です。大変興味深いですよね。

本作には、「実写ひどい!最悪!」という声が多いです。
関連ワードで出てくるほどです。

ということで本記事では、実際に本作を視聴した筆者が、

  • 感想レビュー
     ・最悪でひどい点
     ・見どころなど良かった点

について、ジブリファン目線でまとめていきたいと思います。

もしご興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

スポンサードリンク

【耳をすませば実写】あらすじ・ストーリー

読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島雫。
彼女は図書貸出カードでよく見かける、ある名前が頭から離れなかった。
天沢聖司―――全部私よりも先に読んでる―――
どんなひとなんだろう。
あるきっかけで“最悪の出会い”を果たした二人だが、
聖司に大きな夢があることを知り、次第に惹かれていく雫。
聖司に背中を押され、雫も自分の夢を胸に抱くようになったが、
ある日聖司から夢を叶えるためイタリアに渡ると打ち明けられ、
離れ離れになってもそれぞれの夢を追いかけ、また必ず会おうと誓い合う。

それから10年の時が流れた、1998年。
雫は、児童書の編集者として出版社で働きながら夢を追い続けていたが、
思うようにいかずもがいていた。
もう駄目なのかも知れない―――そんな気持ちが大きくなる度に、
遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い、自分を奮い立たせていた。
一方の聖司も順風満帆ではなかった。
戸惑い、もどかしい日々を送っていたが、聖司にとっての支えも同じく雫であった。
ある日、雫は仕事で大きなミスをしてしまい、仕事か夢のどちらを取るか選択を迫られる。
答えを見つけに向かった先は―――。

映画『耳をすませば』実写版│『耳をすませば』製作委員会

【耳をすませば実写】主な登場人物/キャスト

月島雫/清野菜名、安原琉那
…作家を夢見る主人公。彼氏の聖司と遠距離恋愛している。編集者に勤めている。

天沢聖司/松坂桃李、中川翼
…雫の彼氏。イタリアにて、さらなる夢に向かって活動中。

杉村竜也/山田裕貴、荒木飛羽
…夕子の旦那。かつては雫に恋していた。

原田夕子/内田理央、住友沙来
…雫のお友達。

地球屋の店主/近藤正⾂
…聖司の祖父。猫のアンティーク・バロンの持ち主。

出版社の先輩/松本まりか
…雫の先輩。

園村/中⽥圭祐
…雫が担当する作家。

スポンサードリンク

【耳をすませば実写】最悪でひどい4選!

1.主題歌が『翼をください』

「楽しみにしていたのにひどい!最悪!」と残念がる人が続出です。

この点はジブリファンでなければ問題ないですが、
ジブリファンからすると「耳を澄ませば」=「カントリーロード」の印象が強いのです。

※主題歌が変更した理由については、以下の記事にまとめてあります。
Sooma

Cloud based email solution on a highly customizable webmail …

カントリーロードの曲がそもそも魅力的だというのも大きいかもしれませんね。

あの名曲は胸を打たれます…。

スポンサードリンク

2.回想シーン多すぎる

中々の尺で7回以上、入っていたと思います。

回想シーンに移る際に、一瞬我にかえるという方も多いのでは?

何故なら、同一人物のはずの2人の顔の系統が違う(似ていない)からです。

「え…?この子がこう成長する?」と、考えても仕方ないことを考えてしまうのです。

「映画」という媒体である限り避けられないラグなのですが、回想シーンが多すぎて気になりました。

3.どっちつかず

続編とも別の物語として捉えきれず、頭が混乱しました。

何故なら、主題歌や設定が違うものの、中学生時代の再現シーンがまんまジブリのオマージュだからです(多少の違えはあれど)。

服装も寄せています。

個人的に、聖司の「バイオリン職人になりたい」という夢が味あって好きだったので(珍しい職業&顔良いのに裏方志望)、残念なポイントです。

ジブリの続編として観ればいいのか、別物として観ればいいのか、どっちつかずになってしまう…!

スポンサードリンク

4.予定調和

「予定調和的」でした。

「こうなるんだろうな」が見えて、「こうなってほしい」という願望は生まれませんでした。

最後のエンドロールで杏さんの歌声と、雫と聖司の画にひどく感動しました。
ここにきて感じる「感情の揺れ幅」。つまりやや退屈だったのです。

もし、ちょくちょく主題歌を『カントリーロード』を挟んでくれていたら、映画全体の満足度はあがっていたかもしれません。

スポンサードリンク

【耳をすませば実写】見どころ紹介!良かった点4選!

1.耳をすませばの続きを知れる!

『耳をすませば』ファンとしては、その先がどうなったのか10年後の未来を覗けることが最大の魅力です。

基本、ジブリは続きを作らない方針なので凄いです。

聖司が順調に夢に向かっている一方で、雫は燻っている…。

そんなリアルがまた良かったと思います。

2.回想シーンのオマージュ!

本作では、度々、過去の回想シーンとして、ジブリアニメ映画『耳をすませば』のオマージュが再現されます。

テンションが上がります。

懐かしい気持ちになれること間違いなしです。

スポンサードリンク

3.キャストがいい!

やはり、清野菜名さんは美しいです。
清野菜名さんが笑顔になるとこちらまで嬉しくなります。

大人の悩み×あの頃のままの雫を両立させるという難しい役どころを見事に演じられていたと思います。

不安定な精神状態が伝わってきました。

それにしても、10年待つの凄いですね。


松坂桃李さんは、どこか憎らしい聖司らしさが出ていました。

チェロを弾く姿をみられる点もいいです。

調べてみたところ、一か月前くらいに「楽器はチェロ」と決まったのだとか。それからチェロ練習生活が始まったそうです。「もうやらない。それくらい大変だった」とコメントされているくらい。

また、上司役の松本まりかさんと作家役の田中圭さんの存在感あって良かったです。

貴重な映画です…!

4.ラストは感動!

もしかしたら涙したかもしれません。
そのあたりは記憶が曖昧ですが、目頭が熱くなったのは確かです。

杏さんの歌声も最高です!

耳をすませば (集英社文庫(コミック版))

耳をすませば  ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

スポンサードリンク

【耳をすませば実写】最悪ひどい映画&良かった点についてまとめ

今回は映画『耳をすませば実写版』についてまとめてみました。

  • 最悪でひどい理由4選
    …主題歌が『翼をください』、回想シーン多い、どっちつかず、予定調和
  • 見どころなど良かった点4選
    …ジブリアニメのその後を知れる、回想シーンのオマージュ、キャストの演技、ラスト

『耳をすませば』をジブリで知った視聴者が多いだけに、ハードルが高かったのは否めないでしょう。

ジブリに限らず、アニメの実写化は難しいですよね。

ファンなら、一度は観たい作品です。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク