渡邊祐真(ゆーまろ)の経歴や嫁(結婚相手)や子供などWikiプロフィール│ノンタイトル4

スポンサードリンク

渡邊祐真(ゆーまろ)さんについてです。

起業リアリティ番組『ノンタイトルシーズン4(Nontitle4)』のオーディションに参加したうちの一人です。

渡邊祐真(ゆーまろ)さんは、元埼玉西武ライオンズスタジアムMCの経験があります。
オーディション会場でも「プロの喋り」を見せつけました!

スタジオからも高評価のメンバーです。

「渡邊祐真(ゆーまろ)のプロフィールは?」
「経歴は?」
「嫁(結婚相手)や子供は?」

視聴者としては気になるところですよね。

ということで早速調べていきたいと思います。

もしご興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

スポンサードリンク

渡邊祐真(ゆーまろ)のWikiプロフィール

ゆーまろさんがマイクパフォーマンスしている姿
出典元:YouTubeチャンネル「Nontitle」

名前:渡邊祐真(わたなべゆうま)
誕生日:1994年4月4日
年齢:29歳
出身地:愛媛県
仕事:合同会社along代表、プロのMC

※「ノンタイトル4」オーデション出演時点

ノンタイトル4オーディション参加メンバーについて■菊池渉の経歴は?どこのホスト?学歴(大学)や結婚などWiki
■平川愛里菜の経歴や学歴(大学)や結婚などWikiプロフは?
■為国辰弥の出身大学(学歴)経歴などWikiプロフィ―ル
■黒田真次郎の経歴や大学や結婚などWikiプロフィ―ル

応募した切っ掛けは「エンタメMCの価値を向上させたい」

上記の動画で、渡邊祐真さんのMCパフォーマンスをご覧いただけます。


動画内で、

「MCはどうしても影・わき役のイメージがあるが、表に出る仕事ではある。エンタメMCを意識して、お客さんに少しでも楽しんでもらうようにしている」

「歓声が大きくなるほど選手のプレーが変わる。応援は本当にすごい力を持っている」

などの想いが語られています。


今回、『ノンタイトル4』のオーディションに参加した理由については、

「喋るヤツって現場ではすごい下に見られがち。給与も安い。喋るヤツの価値はもっと高いだろというのをアピールしたい」

と語りました。

仕事に対する熱い想いが伝わってきますね…!

スポンサードリンク

渡邊祐真(ゆーまろ)の経歴

時期概要
2021年3月~7月東京オリンピック2020 関連リレーイベントMC
2021年7月~9月関東大手テーマパークMC
2022年3月~埼玉西武ライオンズ スタジアムMC
2022年11月日本薬科大学で大学講師
2023年9月合同会社ALONG設立
2023年10月~福井ブローウィンズ アリーナMC
2023年10月TailorMade x Red Bull イベントMC
(渡邊祐真の経歴)
  • プロ野球チームのスタジアムMC
  • B1リーグアリーナMC

「YUMARO(ゆーまろ)」として活動されています。

スポンサードリンク

渡邊祐真ゆーまろの嫁(結婚相手)や子供は?

渡邊祐真ゆーまろさん曰く「ポジティブで明るくて太陽みたいに笑うめちゃくちゃ可愛い人」とのことです。

ふたりの共通点は「ディズニー好き」。

当時、コロナ渦でゆーまろさんがインスタライブ(ディズニーについて1時間語る)をしていて、ゆーまろさんから奥さんに「良かったら見に来てください」とDMを送ったそうです。

2022年8月に入籍。ディズニーランドで結婚式を挙げました。

2024年2月に長男が誕生しています。

「ねねまろ日記」でYouTubeチャンネルを開設しています。

幸せが画面から溢れています。

太陽みたいな夫婦ですね。

ノンタイトル4オーディション参加メンバーについて■菊池渉の経歴は?どこのホスト?学歴(大学)や結婚などWiki
■平川愛里菜の経歴や学歴(大学)や結婚などWikiプロフは?
■為国辰弥の出身大学(学歴)経歴などWikiプロフィ―ル
■黒田真次郎の経歴や大学や結婚などWikiプロフィ―ル

スポンサードリンク

渡邊祐真(ゆーまろ)の経歴や嫁(結婚相手)などWikiまとめ│ノンタイトル4

今回は『ノンタイトル4(Nontitle4)』のオーディションに出演の渡邊祐真(ゆーまろ)について調べてみました。

調査したところ、

  • Wikiプロフィール…渡邊祐真(わたなべゆうま)、1994年4月4日生まれ、愛媛県出身
  • 経歴…プロMCとして様々な現場を経験、大学講師の経験あり
  • 嫁(結婚相手)・子供…ねねさん・長男

という結果となりました。

もし渡邊祐真(ゆーまろ)さんがメンバーとなれば、実況してくれそうですね。
起業について理解が深まりそう。

期待して見守りたいと思います。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク