ミニオンの正体は?何語の言葉?女の子はいるの?誕生のルーツについて解説!

スポンサードリンク

本ページは一部プロモーションが含まれています。

今回はミニオンの正体についてです。

ミニオンは怪盗グルーの仲間です。バナナに似た謎の生命体です。
その愛らしさに、世界中から愛されているキャラクターです。架空の生物なので謎が多いです。

ミニオンシリーズは、現時点で全部で6作品あります。

シリーズを追うごとに、一体一体の個性や名前が明らかになり、ファンとしては気になるところですよね。

ということで本記事では、

✔ミニオンの正体
✔ミニオンは何語を話すのか
✔ミニオンに女の子はいるのか
✔ミニオンの誕生のルーツ

について解説していきます。

ご興味のある方はぜひ最後までご覧くださいませ。

スポンサードリンク

ミニオンの正体は?謎の生命体!

ミニオンはバナナが大好き!

ミニオンはバナナが大好きです。

ミニオンたちは権威よりも宝石よりもバナナが大好きです!
バナナ大好きな理由は明かされていません。ミニオンがバナナに似ていることに関係あるのかもしれません。

因みに「バナナの妖精」という噂がありますが、あくまで噂のようです。噂の発端は、グルーがミニオンたちを「バナナから作ったいとこだ」と紹介したことにあるようです。
公式に「バナナの妖精」という設定はありませんでした。

スポンサードリンク

脳みそがピーナツサイズ

「ミニオンは、脳みそがピーナツサイズという愛すべき『おばかさん』であり、いたずら好き」とのことです。

頭はおっきいですが脳ミソは僅かなサイズなのですね。ふわふわ触り心地が良さそうな頭です。

ミニオンたちは災難に遭うことも多いですが、常にハッピーな雰囲気に包まれています。ピーナッツサイズの脳ミソに、苦悩を感じるスペースは少ないのかも?

ミニオンが喋っているのは何語?

「ミニオン語」だそうです。

ただし「underwear(パンツ)」「bottom(オケツ)」という下ネタは発音できるとのこと。

他にも「ボス」「ノー」「ハロー」など短い単語は覚えて喋っているようです。興味ある単語は覚えるのかもしれません。

コピー機の上に座っているミニオンのお尻が何枚もコピーされて、いつまでもゲラゲラ笑っているミニオンたちの姿は印象的です。
下ネタは世界共通と言いますが、ミニオンもたち例外ではないようです。

スポンサードリンク

ミニオンの存在意義は「悪党のボスの仲間になること」

ミニオンの存在意義は悪党のボスの仲間になることだそう。
“ボスを喜ばせるのが生きがい”という献身的(?)な生き物です。

その性質は人間が誕生する前からずっと続いています。
ミニオンたちの大歓迎ムードに、どんなボスでも初対面でミニオンを襲うことなく、受け入れてしまいます。

ミニオンたちにとってボスを見つけることは簡単ですが、ボスを維持することが難しいといいます。ミニオンたちのミスによって、命尽きてしまうのです。
ミニオンたちは潰されても凍えても死にません。そして長寿です。ミニオンこそが最強なのでしょう。

ボスがいない間は鬱鬱として、どのミニオンも元気がありません。
サッカーをしていても卓球をしていても応援をしていても、ボンヤリとしてしまいます。

スポンサードリンク

ミニオンに女の子はいるの?

ミニオンに女の子はいないそうです。
また「繁殖」「分裂」はできないとのこと。

理由はおバカなキャラクターから、女の子が想像できなかったからだそうです。
「性別はない」という回答ではないことから、ミニオンはみんな男の子である可能性が高そうです。

ただし、劇中には女の子の恰好をしているミニオンもいます。
例えばフラダンスの恰好をしたり、ウィンディングドレスを着ていたり、ヒトデで胸を隠して水着にしていたりするミニオンがいます。
いずれも、あくまで「女装」ということになりますね。

人間の言葉を真似するように、人間の服装を真似しているのでしょう。

カワイイです。

スポンサードリンク

ミニオンはどうやって誕生したの?

ミニオン誕生のルーツは不明です。

映画「ミニオンズ(2015)」では、「ミニオンは人類より遥か昔に誕生している」と紹介されています。

ミニオン誕生のルーツについては、制作者にさえ分からないのだそう。
ただし監督のピエール・コフィンとカイル・バルダによれば、ミニオン誕生のルーツの候補は2つあるそうです。

  1. 人間をミニオンに変えてしまう「ミニオナイザー」を使用した
  2. 一本鎖DNAのクローンである

1番目の「人間をミニオンに変えてしまう『ミニオナイザー』を使用した」だとしたらダークな物語が潜んでいそうですね。

個人的には2番目であってほしいです(笑)。そちらのほうが、全員男の子という説明もつけやすいのでは?
また“人類より遥か昔に誕生している”という事実が破綻するようにも思います。

因みにミニオンたちの「ケビン」「ボブ」などの名前から、名付け親は“人間”である可能性が高いといえますね。

参考URL:https://www.gqjapan.jp/culture/celebrity/20150721/i-just-couldnt-imagine-minions-being-girls

スポンサードリンク

ミニオンの正体についてまとめ

今回はミニオンの正体についてまとめていきました。

  • ミニオンはバナナが大好き
  • ミニオンの脳みそはピーナッツサイズでいたずら好き
  • ミニオン語を話す(下ネタや短い言葉は喋れる)
  • ミニオンに女の子はいない(繁殖や分裂はできない)
  • ミニオンの誕生のルーツの候補はふたつ(人間をミニオンに変えてしまう「ミニオナイザー」を使用した、一本鎖DNAのクローンである)

という結果になりました。

ミニオンは本当に可愛らしい生き物です。今後もミニオンたちの活躍を楽しみにしたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク