映画考察【ソウルフルワールド】最後のセリフ/何を伝えたい/22番のその後は?

スポンサードリンク

ディズニー&ピクサー映画『ソウルフルワールド』についてです。

本作は、地上に生まれる前のソウルの世界を描く物語です。

監督はピート・ドクターさんで、『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『インサイド・ヘッド』などに携わっている方です。

現在、『ソウルフルワールド』は、ディズニー+で配信されている作品です。
今回『インサイド・ヘッド2』の公開決定に伴い劇場公開されることになり話題を集めています。

色々考えさせられる作品ですよね。
ということで本記事では、

について考察していきたいと思います。
もしこれらについてご興味ある方は、ぜひ最後までご興味くださいませ。

スポンサードリンク

【ソウルフルワールド】主な登場人物/声優

ジョー・ガードナー/浜野謙太…ジャズ・ミュージシャンを目指す音楽教師。
22番/川栄李奈…生まれる前のソウル。問題児。
ムーンウインド/福田転球…ゾーンに入ることでジョーたちを導く。
カウンセラー・ジェリー/北西純子、多田野曜平、後藤敦、仲野裕、森夏姫…ソウルたちのカウンセラー。
テリー/梅田貴公美…ソウルを数えるのが仕事。

【ソウルフルワールド】最後のセリフは?

最後のセリフは、

ジョー:「まだ分からない。でももう決めてる、一瞬一瞬を大切に生きるよ」

出典元:映画『ソウルフルワールド』

です。

最後のシーンで、地上へ戻る前にカウンセラー・ジェリーから「向こうではなにをしますか?、どんな人生を送ります?」と聞かれて、そのように回答しています。

こちらがジョーの最後のセリフで、物語の最後のセリフでもあります。

スポンサードリンク

【ソウルフルワールド】「煌めき」や「人生の意味」について考察

煌めきとは何だったのか

22番とジョーが煌めきを探している
出典元:ディズニー公式

何故なら、本作で実際にジョーが以下のように述べているからです。

ジョー:「煌めき」は生きる意味じゃない。最後の枠は生きる準備ができたときに埋まるんだ。

出典元:映画『ソウルフルワールド』

この会話から「煌めき」は生きる意味(目的)はないということが分かります。

煌めきは煌めきそのもの。
生きる意味ではありません。

人生の意味とは何だったのか

ジェリーによると「生きる意味は必要ない」とのことです。
しかし「人生の意味」はあります。

人生には元々意味があるのではなく、
私たちが「煌めき」を感じたとき、それが人生の意味になるのだと思います。

スポンサードリンク

【ソウルフルワールド】何を伝えたいのか考察

ソウルになったジョー
出典元:ディズニー公式
  1. 現代の社会が反映されている
  2. 一瞬一瞬を大切に生きる

1:現代の社会が反映されている

“「もし今日死んだら(夢を叶えられなかったら)、人生になんの意味もなかったことになる」”

ジョーは疲れ切った現代人をモデルにしているように思いました。

そして迷子のソウルは「うつ病」のようですね。

だとすると、22番を傷つけた偉いメンターたちは「親・教師・上司」などの指導者でしょうか。
地位が高い人に叱られると、その人の言うことが正しいと信じて傷つくこともあります。

“「自分は生きる意味がない」「自分は価値がない」”

これは22番の悩みですが、地上の人々も自信を失ったり疲れているときに、似たようなことを考えているのではないでしょうか。

現代の社会が反映されています。

スポンサードリンク

2:一瞬一瞬を大切に生きる

ジョーと父親がレコードを聴いている
出典元:DisneyMusicVEVO

“「喜びは傍にある、一瞬一瞬を大切に生きればいい」”

自分の目的を果たすことに必死になっていたジョーは、今を楽しむことを忘れていました。


ジョーからしたら「鬱陶しい地下鉄」も、22番からすれば「面白い場所」でしたね。

味わえる喜び・音楽を作る喜び・空を見上げる喜び……

いまを大切にする22番には次々にいいことが起こります。教え子に前向きな気持ちを与え、美容師と心を通い合わせ、客を笑かし、母親と打ち解け、素敵なスーツを手に入れます。

事実、ジョーがジャズ・ピアニストとして舞台に立ったときの“煌めき”よりも、22番が感じた“煌めき”の記憶や、少年時代に感じた“煌めき”の方が大きかったのです。

人生について難しく考える必要はありません。
最後にジョーが残した言葉と同じく「一瞬一瞬を大切に生きる」ことを伝えたいのでしょう。

煌めきはすぐ傍に転がっているのです。

スポンサードリンク

【ソウルフルワールド】22番のその後について考察

空を見上げる22番
出典元:moviecollectionjp

22番は、地上に赤ちゃんとして生まれます。

生前の記憶は持ちませんから、ごく普通の赤ちゃんとして生まれます。

個人的には、なにかしらの形でジョーと会う未来が用意されているような気がします。

何故なら、最後にジョーを生き返らせる理由がよく分からなかったからです。

ジョーは記憶を持ったままですから、いつかどこかで22番と出会って「似てる…」となる微笑ましい未来があるのではないかと期待できます。

22番は、記憶を失って普通の赤ちゃんとして生まれます。

楽しみ上手な子になりそうですね…!

気になるブログ

本記事では映画『ソウルフルワールド』について「怖い」と言われる理由・筆者の感想レビューについてまとめています。…

スポンサードリンク

【ソウルフルワールド】最後のセリフ/何を伝えたい/22番のその後についてまとめ

今回はディズニー&ピクサー映画『ソウルフルワールド』についてまとめてみました。

  • 最後のセリフ…「まだ分からない。でももう決めてる、一瞬一瞬を大切に生きるよ」
  • 煌めきや人生の意味とは何だったのか考察…楽しむこと(ジャズること)。
  • 何を伝えたいのか考察…難しく考えず、一瞬一瞬を大切に生きればいい。
  • 22番のその後について考察…記憶を失い、地上に赤ちゃんとして生まれる。

という結果になりました。

メッセージ性のある素敵な作品でしたね。

ご参考になりましたら幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク